福島県キリスト教連絡会規則

(名称)
第1条 この会の名称は、「福島県キリスト教連絡会(Fukushima Christian Conference)」と称する。なお、通称を「FCC」と称す。

(目的)
第2条 福島県キリスト教連絡会の目的は、福島県内各地の教会ネットワークをつなぎ、福島県下の教派教団を超えて協力する教会ネットワークを形成し、各個教会間の情報交換をはかるとともに、東日本大震災の被災者および被災地域の支援活を円滑ならしめることにある。

(事業)
第3条 FCCは、上記の目的を達成するために、以下の事業を行う。
(1)被災した教会と地域のために情報ネットワークを構築し、これを運用する事業。
(2)寄付金を管理し、被災者及び被災教会を支援することに用いる事業。
(3)その他、この会の目的達成に必要な事業。

(会員)
第4条 FCCは、FCCに登録し、会員とされたものによって運営される。会員には正会員と準会員とがあり、正会員となるためには、世話人会による証人を要する。

(世話人)
第5条 FCCを組織するために、正会員とされた者より、世話人を選ぶ。世話人の任期は2年で再任を妨げない。世話人の中から会の代表1名、会計1名、監査委員1名を選ぶ。

(総会)
第6条 FCCは、年1回、総会を開く。総会は、正会員の3分の1以上の出席と委任の合計をもって成立する。議案は、世話人会が提出し、出席した正会員の過半数によって議決される。総会で扱う事項は、事業報告、会計報告、その他会の運営で重要なことである。

(臨時総会)
第7条 FCCは、必要によって臨時総会を開くことができる。臨時総会は、審議すべき重要な事案があって、世話人の3分の2以上による同意、もしくは正会員数の3分の2以上の同意があるとき開催されなければならない。

(総会議長)
第8条 総会の議長は代表者がつとめる。代表者がつとめられないときには、世話人の中から選ぶ。

(特別委員会)
第9条
(1)FCCは、寄せられた寄付金を公正に扱うため、世話人とは別に特別委員をおく。
(2)特別委員は世話人会によって選出される。
(3)特別委員は寄付金の管理と運用を行う。

(会の退会)
第10条 会員が世話人会に会の退会を申し出たときには退会となる。また正会員は、3年以上FCCに対して不活動である場合に準会員となる。

(会の解散)
第11条 FCCは、会としての目的を達成したときには解散する。

(規則の変更)
第12条 この規則は、世話人会の議決によって改廃することができる。改廃された規則は、総会において報告される。

附則
本会則は、2012年4月1日より施行する。

ページのトップへ戻る